Warning: Use of undefined constant  true - assumed ' true' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/xs205169/charisaru.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 3687
コスパ抜群なパニアバッグを紹介するよ。おすすめモデル5選【ガチ厳選】 - チャリ猿ブログ

コスパ抜群なパニアバッグを紹介するよ。おすすめモデル5選【ガチ厳選】

まいど!チャリ猿です。


パニアバッグをお探しですね?

ご安心くださいませ。

自転車キャンプ歴9年、いくつものパニアバッグを使い倒してきた筆者がコスパ抜群なパニアバッグを紹介します!

チャリ猿

筆者は↓こんな感じで自転車キャンプしまくってるで




“パニアバッグ”とはそもそもなんぞや

筆者が愛用しているパニアバッグ


パニアバッグとは、キャリア(荷台)にとりつける自転車専用の大型バッグのこと。自転車キャンプや日本一周をお考えであれば、ほぼマストと言えるアイテムです。

パニアバッグのメリット・デメリットはそれぞれこんな感じ。

メリット
  • 荷物をたくさん積める
  • カバンを背負う必要がなくなる
デメリット
  • キャリアが必要

【メリット】荷物をたくさん積める


パニアバッグは基本的に大容量です。ゆえに荷物がたくさん入ります。

キャンプとなるとかなりの荷物が必要になるので、この大容量っぷりはとても頼もしいですね。

チャリ猿

パニアバッグがあったら、持っていける荷物の幅が広がるな

【メリット】カバンを背負う必要がなくなる


自転車キャンプを始めたての頃は、リュックに荷物を積んでいました。

が、これがもう最悪だったんですよ!

重いし、蒸れるし、なにも良いことがない。笑

パニアバッグを導入して以降、荷物を背負うストレスから解放されましたよ。

チャリ猿

カバンを背負う必要がないのは、メチャクチャ楽やな

【デメリット】キャリアが必要


パニアバッグを導入するには、自転車にキャリアをとりつける必要があります。

安いモノでも3,000円、工賃を入れるとトータルで4,000円〜くらいは掛かるでしょう。

チャリ猿

まあ、「たくさん積める」「背負うことからの解放」って考えたら、安いもんや

パニアバッグを選ぶときのポイント

ポイント


パニアバッグを選ぶときのポイントは、こんなとこでしょう!

  1. 容量
  2. ポケットの多さ
  3. 防水かどうか
  4. 自分のキャリアに付けられるか

① 容量

17リットルのパニアバッグにはこれだけ入る


筆者は、容量17ℓのパニアバッグを使っています。

これを2つ装着すれば、「夏で」「1泊程度の」キャンプであれば全然イケます。

逆にいうと、荷物が増える冬はちょっとしんどいです。なんとかイケるかなって感じ。


なのでキャンプをするのであれば、15ℓ以上は欲しいかなあ・・・というところ。

あくまでも主観です!人によって荷物の量は異なるので、その辺はご了承ください(_ _)

チャリ猿

「ちょっとしたお出かけ」「デイキャンプ」とかに使うんやったら、小さくてもOKやな

② ポケットの多さ


キャンプって意外と小物が多くなるんですよね。モバイルバッテリーとか、コンタクトレンズとか、歯ブラシとか。

そういう細々したモノを入れるのに、ポケットがあると便利ですよ。

チャリ猿

パニアバッグにポケットがない場合は、フレームバッグとかステムバッグに小物を入れるんがおすすめやで

③ 防水性があるかどうか


日本一周・世界一周をするような方は、いつ雨に打たれるか分からないので「完全防水」がイイでしょう。

しかし趣味で自転車キャンプをする程度であれば、「ある程度の防水性」があれば十分。天気予報をみてキャンプをするかどうか事前に判断できますからね。

もちろん、完全防水に越したことはないですよ!

チャリ猿

筆者のバッグは「ある程度の防水性」しかないけど、特に困ったことはないで

④ 自分のキャリアに付けられるかどうか


キャリアによっては、パニアバッグを引っ掛ける部分がせまかったりします。

なので、試着をせずに購入すると「あれ、自分のキャリアに付かへんやん!!」なんてことがあります。付いたとしてもかなり無理やりとか。

それを避けるために、ショップで実際につけてみるのがおすすめ。

欲を言えば、つけた状態で左右に振ったりして、しっかり固定されているかも確認したいところですね。

チャリ猿

とは言っても、ほとんどのキャリアは大丈夫やと思う。小さめのキャリアだけは注意が必要やな。筆者はそういう経験があったからトラウマになってるんや

コスパ抜群なパニアバッグ5選

それでは、コスパ抜群なパニアバッグを紹介します!

チャリ猿

がんばって厳選したで

OSTRICH / P-115 パニアバッグ

出典:OSTRICH
出典:OSTRICH

Point

  • Amazonレビュー★4.0
  • とにかく安い
  • コスパ抜群
  • シンプルなデザイン
  • なんか安心しちゃう”OSTRICH製”


Specs

  • 価格:¥7,480
    (なんと2つセットの値段です!)
  • 容量:12.5ℓ
  • サイズ:縦36cm 横30cm マチ10cm
  • カラー:ブラック、グレー、ネイビー

ロックブロス / パニアバッグ

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

Point

  • Amazonレビュー★4.4
  • コスパ抜群
  • 防水性あり。”完全”ではない
  • デザインもいい感じ
  • ロールトップ式
  • 内ポケットあり


Specs

  • 価格:¥9,020
    (なんと2つセットの値段です!)
  • 容量:18ℓ
  • サイズ:縦30cm 横28cm マチ14cm
  • カラー:ブラック、イエロー

ロックブロス / パニアバッグ AS-002

出典:ROCKBROS
出典:ROCKBROS
出典:ROCKBROS

Point

  • Amazonレビュー★4.1
  • 完全防水
  • 大容量
  • かっこいい
  • 内ポケットあり
  • ロールトップ式


Specs

  • 価格:¥12,650
    (なんと2つセットの値段です!)
  • 容量:27ℓ
  • サイズ:縦46cm 横34cm マチ18cm
  • カラー:ブラック、イエローカモフラ

THRLEGBIRD / パニアバッグ

出典:Amazon
出典:Amazon

Point

  • Amazonレビュー★4.2
  • コスパ抜群
  • 完全防水
  • シンプルなデザイン
  • ロールトップ式


Specs

  • 価格:¥4,280
  • 容量:20ℓ
  • サイズ:縦47cm 横40.5cm マチ8cm
  • カラー:ブラック、ブルー

Rhinowalk / パニアバッグ

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

Point

  • Amazonレビュー★4.2
  • 完全防水
  • 大容量
  • 外側にポケットあり
  • ショルダーバッグにもなる
  • ロールトップ式


Specs

  • 価格:¥5,999
  • 容量:25ℓ
  • サイズ:縦43cm 横29cm マチ5.5cm
  • カラー:ブラック、ブラック&グリーン

自転車で旅に出よう


自転車旅はサイコーです。こんなに楽しいものはありません。

パニアバッグを導入して、ぜひ自転車旅を楽しんでくださいね!!



▼ この記事で紹介したパニアバッグはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です