【インスタ】一般人がフォロワー1000人いった結果。収入とかどうなん?

まいど!チャリ猿です。


ブログ用のインスタを運用しておよそ1年、、、

ようやくフォロワーさんが1000人を超えましたあああああ。

よっしゃー!!ありがとうございます!!!



ということで、この記事では↓について解説していきますよ。

  • フォロワーが1,000人を超えるとどうなる?
  • 収益とかどうなん?
  • 達成するために意識したコト



インスタの本格運用を考えてる方は、ぜひご覧ください。


チャリ猿

揺らすパイオツもなけりゃあ、イケメンでもないワシが達成できたんや。
コツをおさえて継続すれば、誰でもいけるハズやで。



2022/11/30 追記

約半年後に2000人達成しました。けっこう気合入れて↓の記事書いたので、よかったらご覧ください。

趣味(自転車)について発信してます



まず、前提情報として。

ぼくのアカウントでは、趣味の「自転車」について発信してます。

投稿する写真のジャンルは、

  • 風景
  • 自転車
  • キャンプ


のみ。


なぜインスタの運用を始めたのか


理由は2つ。

  1. ブログの宣伝をしたい
  2. 「自転車キャンプと言えばこの人!」になりたい

ブログの宣伝をしたい

インスタも頑張ってますが、なんやかんやでメインはこのブログです。

(インスタも収益化できたら最高ですけどね、、、)


ブログへの流入元を増やしたかったので、インスタを始めました。

「自転車キャンプと言えばこの人!」になりたい

自転車キャンプというニッチな分野でアイコン的な存在になりたいんです。

そして、アウトドア雑誌とかにバンバン掲載されたい。

っていう妄想をしてます。笑


フォロワー3,000人とかいったら、そんな存在になれるんちゃうの!?

ってことで投稿がんばってます!!

フォロワーが1,000人超えたらどうなる?


で、フォロワーが1,000人超えたらどうなるん?って話ですよね。



ぼくのアカウントでは、↓の変化が起きました。

  1. 収益はまだ発生してない
  2. webメディアへの掲載依頼がきた
  3. 「発見タブ」からの流入が増える
  4. 「いいね」が増える
  5. ちょっと自慢できる

収益はまだ発生してない


みなさんが一番気になってるのはコレでしょう!


が、

収益は発生してません!!


おそらく、3,000人を超えたくらいからPR案件とかの依頼が来るんじゃないかな。
そんなイメージ。

道のりはまだまだ長いで、、、

webメディアへの掲載依頼がきた


月間360万pvのアウトドアwebメディアから、「写真の掲載依頼」と「軽いインタビュー」を受けました。


雑誌の編集担当の方が、たまたまぼくのアカウントを見つけてDMをくださったんです。


これ、めちゃくちゃ夢がありません!?


愚直にクオリティの高い写真をアップし続けていれば、「仕事を依頼する側の人」に届くって訳ですよ。


ぼくはこの一件で、インスタも収益化できるという確信を得ました。

「発見タブ」からの流入が増える

美女と自転車ばっかり



発見タブとは、自分が興味ありそうな写真を表示してくれる便利機能。

虫メガネをタップした時にでてくる、写真一覧ですね。



フォロワーが1,000人に近づいた辺りから、この「発見タブ」からの流入がめっちゃ増えました。



↓は、とある投稿のインサイトです。



約32,000のアカウントにリーチをした内、約27,000が「発見タブ」からの流入になります。割合でいうと85%。


ぼくはこのインサイトを見たときに衝撃を受けました。


「発見タブに載ったら、とんでもない数のアカウントにリーチできるやん!!」って。



つまり、フォロワーが1,000人を超えると、

  • 発見タブに頻繁に載るようになる
  • たくさんのアカウントにリーチできる
  • フォロワーさんがさらに増える



という、「良いサイクル」が生まれるわけです。

「いいね」が増える


さきほど説明した通り、フォロワーが1,000人を超えると、

「発見タブ」や「人気投稿(ハッシュタグの)」への露出が増えます。


その分、当たり前ですが「いいね」も増えるって訳ですね。

ちょっと自慢できる


友達と雑談してるときに、

「あ~そういえば最近、インスタのフォロワーが1,000人超えたわ~(チラッ)」


って、鼻をパンパンに膨らませながらスカしてます。

まるで画像の少年のように。

聞かれてもないのに。


そろそろ友達居なくなりそうです。

達成までに意識したこと4選


続いて、フォロワー1,000人達成までに意識したことを解説します。


むずかしいことは特にやってません。基本的なことばっかりです。

  1. クオリティの高い写真をアップする
  2. ハッシュタグを付けまくる
  3. 広告をだす
  4. 毎日投稿はしてない

クオリティの高い写真をアップする



自分で言うのもアレですが、これは一番意識してます。
(写真撮るのまだまだ下手くそですけどね!)


やっぱり、フォロワーが4桁5桁を超えてるアカウントって、明らかに写真のクオリティが高いです。

特にぼくが属しているアウトドア界隈は。

まあ、インスタは写真が命のSNSですから、当然といえば当然ですよね。


「良い写真をアップしていれば、フォロワーは自然と増える」

という確信があったので、一眼レフを買って、カメラの勉強して、とにかく写真にはこだわりました。

余談ですが、、、


↑は今まででいちばんハネた投稿なんですが、

なんとこの投稿だけでフォロワーさんが240人も増えました。


個人的にもこの写真には自信があったので、やっぱり写真のクオリティって大事やなと。

イイ写真は伸びるんやなと、再認識しました。



イイ写真やと思ってるの僕だけやったらすみません。

ハッシュタグをつけまくる


投稿内容に関連のあるハッシュタグを、毎回20~25個くらいつけて投稿してます。


ハッシュタグからの流入は、だいたい1,000~3,000ほど。

これはバカにできない数字です。ハッシュタグはしっかり活用しましょう。

上限30個までつけれるので、なんなら30個つけるくらいの勢いでいいと思います。

ハッシュタグをつける際のコツ

をちょっとご紹介します。


ハッシュタグ選びもかなり重要です。やみくもに選んではいけません。


例えば、「#ロードバイク」で検索してみましょう。



検索結果、255万件。


多すぎです。死にます。

こんなタグで投稿したら一瞬で埋もれちゃいます。



では続いて、もうちょっとニッチな「#ロードバイクの旅」で検索してみましょう。



検索結果、約5,000件。

お、これならすぐには埋もれないし、上位表示も狙えそうですね。



てな感じで、あまりにも競合が多いタグは最初の方は避けるべきです。

投稿件数が少ないタグで勝負しましょう。

チャリ猿

ニッチなタグで投稿した方が、濃いファンは増えると思うで

広告をだす


これは興味本位というかお試しでやってみたんですが、

200人くらいフォロワーさん増えました。
(正確な人数は分からないです、、、すみません)


広告の出稿は合計4回。

かけた費用は9,000円です。

これを高いと考えるか安いと考えるか、、、


個人的には、勉強になったし時短にもなったので、広告出稿は「アリ」だと思ってます。


▼ インスタで広告をだす方法についてはこちらの記事にまとめてます。

毎日投稿はしてない


巷では、「毎日投稿すべき!」という情報が飛び交ってますが、ぼくはしませんでした。


理由は、そんなにたくさん写真がないからです。笑

もっと言うと、投稿したいと思えるほどの「イイ写真」がそんなにないから。


毎日投稿が目的になると、クオリティの低い写真もアップする必要がでてきますよね。

ぼくはそれが嫌で毎日投稿はしませんでした。

チャリ猿

4日に1投稿くらいの頻度やな

今後の展望


今年度中に3,000人はいきたい。

そして一件でも、インスタ経由でお仕事をいただければいいなあ。

と、考えておる所存でございます。


やるぞ!やったるでえええええ。

まとめ:こんな時代だからこそ


ホント良い時代ですよね今って。

個人が「情報発信」をするだけでお金を稼げるなんて。


そんな時代だからこそ、SNSの運用も本気でがんばる価値があると思います。

なので、僕はがんばります。

みなさんも一緒にがんばりましょう!!


2022/11/30 追記

2000人達成しました。よかったら↓の記事もご覧ください。けっこう大事なこと書いたつもりです。