【実録】ロードバイクのオーバーホール代は高い!?プロにお願いして値段や納期を調べてみた

まいど!チャリ猿です。


やばい。自転車がボロボロです。

ギアがスムーズに変わらんし、そこら中から変な音するし、なんか漕ぎ辛いぞ!!


てことで、人生初めてのオーバーホールしてきました。

チャリ猿

この記事では、オーバーホールにかかった金額と納期、乗り味の変化を解説しまっせ

オーバーホールとはなんぞや

オーバーホール中のmyバイク



オーバーホールとは、言わば自転車の車検です。

自転車をこれでもかと言うくらい分解して、パーツの洗浄、ガタが来ているパーツは新品に交換。
あとは、各部に注油やグリスを塗って、新車同様の乗りやすさを取りもどします。


オーバーホールの頻度は1年に1回が理想。

らしいですが、スポーツバイク歴8年のくせに初体験です。貧乏人なのでw

オーバーホールしてみた

ということで、実際にオーバーホールに出してきましたよ。

ビフォーとアフターを比較してみましょう。

ビフォー



きったねえ、、、、

アフター

ついでにハンドルもかえました


ピッカピカやん、、、、!!!!


乗り味の変化は?

エグイです。

新車のときと同じくらい、乗り味がスムーズになりました。


↓の写真をご覧ください。

オーバーホール直後にお店の方に撮っていただいた写真なんですが、

この笑顔を見ただけで、満足度が伝わりますよね?

言葉はいらない

気になるお値段は?

トータルで21,900円でした。

(※ハンドルバーも交換したのですが、その費用は含んでません)


内訳は下記の通り。
交換と書いてるものは、新品に変更をしたパーツです。

内訳
  • 工賃
    →9,900円
  • スプロケット(交換)
    →5,520円
  • BB(交換)
    →1,860円
  • チェーン(交換)
    →2,810円
  • ディレイラーハンガー(修正)
    →1,100円
  • ミッシングリンク
    →710円


    トータル・・・・21,900円



今回お願いした「サイクルショップカルテ」さんはかなり安かったので、ほかのお店で頼むともっと高いかも。。

工賃だけで20,000円とかがザラなので。

納期はどれくらい?


これはもう、お店によってマチマチです。

1カ月くらい待たされることもあれば、1週間で終わらせてくれるお店もあります。

ちなみに僕の場合は、3日くらいでしたwはやいww


なので、家の近くにあるお店の納期や金額を洗いざらい調べて、ベストなお店に依頼しましょう。

僕もかなりリサーチしましたよ。

ぼくがお願いしたのは「サイクルショップカルテ」さん

店主の田代さん


ぼくが今回お願いをしたのは、東京は西大井にある「サイクルショップカルテ」さん。

上の画像は店主の田代さんで、笑顔がチャーミング。笑
大手自転車ショップで10数年働いたあと、独立をしたそうです。

ぼくのワガママにイヤな顔ひとつせず、すべての要望を叶えて下さいました。

感謝感謝です。


サーリーとかオールシティらへんの自転車がお好きな方は、ぜひ訪れてみて下さい。

とっても素敵なお店ですよ。

アクセス 西大井駅より徒歩4分
住所 〒142-0043 東京都品川区二葉2丁目12-2
TEL 03-6426-8541
営業時間 12:00~20:00
定休日 毎週水曜日・木曜日

まとめ:オーバーホール、最高

「最近、自転車ボロボロになってきたな」

と感じる、すべての自転車乗りはオーバーホールをするべし。

お財布には大ダメージですが、その価値はあります。


やっぱり自転車は楽しすぎますね。なんでこんなに楽しいんや。
と感じる今日この頃。


ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です