SOTOウィンドマスターをレビュー!高火力でコンパクトなガスストーブです

まいど!チャリ猿です。


ぼくは普段、自転車に荷物を積んでキャンプをしているので、


「とにかくコンパクトなガスストーブが欲しい!」

「欲を言えば便利で使いやすいヤツ!!」


という基準でガスストーブを探しておりました。

そこで見つけたのが、SOTOのウィンドマスター。こいつがめちゃくちゃ便利なヤツなんです。

チャリ猿

コンパクトで高火力なガスストーブでっせ

ウインドマスターのスペック

サイズ 収納時:(ゴトク無し)47×奥行51×高さ88mm
3本ゴトク使用時:幅90×奥行117×高さ100mm
4本ゴトク使用時:幅144×奥行144×高さ96mm
重量 3本ゴトク使用時:67g
4本ゴトク使用時:87g
使用時間 約1.5時間
発熱量 3.3kW(2,800kcal/h)
使用燃料 OD(アウトドア)缶


ウインドマスターはその名の通り、風や寒さに強い高火力なシングルバーナー。
熱源量はOD(アウトドア)缶です。

収納サイズが非常にコンパクトなので、僕のような自転車キャンパーとの相性は抜群。

荷物は小さければ小さいほどありがたいですからね!

購入時の付属品

 

購入時の付属品は↓の通り。

  1. 説明書
  2. バーナー本体
  3. 3本ゴトク
  4. 収納ケース




4本ゴトクとOD(アウトドア)缶は付属しません
(※現在は、4本ゴトクとガス缶がセットで売っているようです)


標準で付いている3本ゴトクは脚が短いので、クッカーを置くとけっこうグラつきます。

別売りの4本ゴトクを大人しく購入した方がいいでしょう。

3本ゴトク
4本ゴトク


▼ 4本ゴトクとガス缶がセットになったやつ

ウインドマスターの良いところ

火を付けるのがめっちゃ楽

ウインドマスターは火を付けるのがとにかく簡単。

ガスストーブを使ったことがない方も1回使えばすぐに慣れるはずです。

それでは実際に、火を付けるまでの手順をご紹介いたします!



① ガス缶を装着する

まず最初に、バーナー本体にガス管を装着します。
クルクル回すだけなので楽ちんです。



② ツマミを回してガスを出す

続いて、ツマミを回してガスを出します。
「プシュー」という音が聞こえるまで回しましょう。
ちょっとでも聞こえたらOK。回し過ぎないように注意してください。



③ 点火ボタンを押す

最後に、赤いボタンを押したら火が付きます。
ライターやチャッカマンは必要ありません。めっちゃ便利ですよね。

赤いボタンを
ポチっとな



「ボッ」



とまあこんな感じで、あっちゅう間に火を付けることができます。

以前はガソリン式バーナーを使っていたので、この簡単さには度肝を抜かれました。

チャリ猿

ガソリン式にはもう戻れない

収納サイズがコンパクト

限られた荷物しか積めない僕のような自転車キャンパーにとって、ギアの「コンパクトさ」は何よりも大事。

で、さらに欲を言うと機能性の高いヤツが欲しい。


そんな我儘ボーイの願いを叶えてくれるのがこのウインドマスターです。

着火が簡単で高火力なうえに、収納サイズがコンパクト。ん~憎いねっ!(杏ちゃん風)

小さいのが伝わるでしょうか


愛用のクッカーの中に、バーナー本体・4本脚ゴトク・ガス缶(250)がスッポリ収まります。

ちょっと蓋が浮いてることにはツッコまないで

水が一瞬で沸く

ウインドマスターはとにかくパワフル。

使用する環境やクッカーによって変わってくると思いますが、だいたい2分くらいで水が沸きます。

僕のようなせっかちな大阪人にはピッタリのバーナーですね。

 

カップ麺やコーヒとの相性は◎。

風に強い

ウインドマスターは名前の通り風に強いです。ちょっとやそっとの風じゃあビクともしません。

なんでこんなに風に強いのか。

1つは火口がすり鉢状に窪んでいるお陰で、火の根元が風に晒されないから。

 

もう1つは、鍋との距離がほぼ0なので風とあまり触れ合わないというのが大きいでしょう。


どれくらい風に強いかは↓のSOTO公式動画を見れば分かるはず。

横から謎の外国人に送風機をぶっ放されてますが、火は付いたままです。
なんかシュールで面白いんでぜひ見て下さい。笑

火の調整がかんたん

火力調整は横のツマミを回すだけなのでとっても簡単。

写真はかなりガスを出している状態。ほぼ最大火力です。

この状態で火力が強いのはもちろんですが、ツマミをかなり絞っても安定するのがウインドマスターのGOODポイントですね。

まとめ


このコンパクトさと高火力っぷりは本当にありがたい。

自転車キャンパーや山歩きをする人には激推ししたいガスバーナーです。

チャリ猿

以上、SOTO ウインドマスターのレビューでした~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です