【現地レポ】眺望の郷キャンプ場!ウッドデッキやフリーサイトの様子を解説

まいど!チャリ猿です。


先日、「眺望の郷キャンプ場」でソロキャンをしてきました。

その時に、キャンプ場の写真を撮りまくってきたので、サイトの様子や注意事項などをザッとレポートしていきますよ!

チャリ猿

最高のキャンプ場やったで。



眺望の郷キャンプ場の魅力

ということでまずは、眺望の郷キャンプ場の魅力をサクッとご紹介します。

  • 圧倒的絶景
  • 1区画あたりのスペースが広い
  • ゆえに落ち着いてる

圧倒的絶景


もうこれは言わずもがなでしょう。キャンプ場の名前からして。笑

個人的には、今まで行ったキャンプ場の中でナンバーワンの絶景でした。

1区画あたりのスペースが広い


筆者が「ソロ」&「自転車」でキャンプをしたというのもあるんですが、一区画あたりのスペースが広かったです。

というか、ソロだと完全に持て余すと思います。笑

(今回ウッドデッキを利用したんですが、フリーサイトの方も広々していましたよ。後ほど詳しく説明しますね)

ゆえに落ち着いている


「1区画あたりのスペースが広い」かつ「となりの区画との間隔も広い」ので、まったり過ごせました。

せっかくの絶景キャンプ場、落ち着いた環境でのんびりしたいですよね。

そんな理想的な過ごし方ができるキャンプ場でしたよ。

眺望の郷キャンプ場レポート


ここからは予約方法や売店の有無、サイトの様子など細かいところをレポートしていきますよ。

基本情報・アクセス

営業期間 4月雪解け~11月初旬ごろ
チェックイン 15:00~18:00
チェックアウト 09:00~11:00
東京から車で 約4時間
最寄り駅 JR南小谷駅


キャンプ場までの最後の坂道がとんでもなくグネグネなので、どうかお気をつけて。

すれ違いが困難なほど道が細いので、できるだけ徐行しましょう。

公共交通機関で行くのはキツイです。(行く人いないと思いますが笑)

予約はオンライン

予約は基本的に公式HPから。決済は現地で「現金オンリー」

前日と当日の予約・キャンセルについては、電話のみの受付とのことです。

【眺望の郷キャンプ場】
時間:9時00分~18時00分
(詳細な営業時間は不明)
℡:090-7403-7147

>> 予約ページはこちら

利用料金

眺望の郷キャンプ場には、4つのプランがあります。

  1. ウッドデッキ
  2. フリーサイト
  3. 常設テント
  4. キャビン&テント



  • ウッドデッキプラン

通常料金 :4,000円
繁忙期料金:5,000~6,000円



  • フリーサイトプラン

2,000円
※フリーサイトには繁忙期料金がありません



  • 常設テントプラン

通常料金 :20,000円
繁忙期料金:30,000円

テントが最初から設営済みのプラン。
食材を持ち込むだけで、すぐにキャンプできますよ。



  • キャビン&テントプラン

通常料金 :50,000円
繁忙期料金:70,000円

キャビンあり、テントありの最強プランです。


いずれのプランも↑で書いた料金とは別に、下記の施設利用料がかならずかかります。

中学生以上:1,100円 小学生:600円
※小学生未満は無料
※ゴミを持ち帰れば100円キャッシュバック

地図(サイトの数)

  • ウッドデッキサイト 7カ所
  • フリーサイト 20カ所
  • 常設テントサイト 1か所
  • キャビン&テントサイト 1か所



それぞれのサイト数はこんな感じです。

で、キャンプ場全体を舐めまわすように見てきたのですが、

お勧めのサイトは断然「ウッドデッキ」です。


ということで、ウッドデッキサイトとフリーサイトをもう少し掘り下げていきましょう。

ウッドデッキサイトはこんな感じ

ウッドデッキサイトは、C1~C7の合計7カ所あります。

で、地図では分かり辛いのですが

C1~C3が同じエリア
C4、C5が同じエリア
C6、C7が同じエリア にあります。

それぞれ写真で見ていきましょう。

C1~C3のウッドデッキ

C1からの眺め
これがC2
そしてこれがC3


C1~C3はこんな感じ。

これらはすべて横並びになっているので、眺めはどこも似たり寄ったり。

個人的には、前に生えてる大きい木がちょっとだけ邪魔かな~と思いました。

それでもすばらしい景色なんですけどね。

C4,C5のウッドデッキ

C4からの眺め
ぼくはC5を使いました



個人的にオススメなのは、C4とC5。

両サイトとも、前方に大きな遮蔽物がないので景色がひらけてます。

とはいえ、季節・時期によっては「木の生い茂り具合」や「伐採の進み具合」が異なるはずです。眺望については、この記事に書かれている限りではないことをご了承ください(__)


C6,C7のウッドデッキ

C6
C7


C6とC7はすこし奥まったところにあります。

ご覧の通り、眺望はそこまでよくないかな~という印象。

炊事場やトイレからは離れているので、ひっそりとキャンプをしたい方にオススメです。

フリーサイトはこんな感じ

フリーサイトはD1~D4の合計4カ所あります。

D1、D2が同じエリア
D3、D4が同じエリア にあります。

それぞれ写真で見ていきましょう。

D1,D2のフリーサイト


ご覧の通り、木々に囲まれたサイトという印象。

ソロの場合はこっちの方がひっそりとしててイイかもしれませんね。

D3,D4のフリーサイト


こっちは景色がひらけているので「ひっそり感」はないですね。

ですが、1区画あたりのスペースはD1,D2よりすこし広く感じました。


いずれにせよ、どのフリーサイトも「ギュウギュウ詰め感」はありませんでしたよ。

チャリ猿

サイトについての説明は以上やで

駐車場


駐車場はかなり広いので、満車になることはまず無いでしょう。

サイトヘの乗り入れはできませんのでご注意を。

荷物の搬入時と撤収時のみ、サイト近くまで乗り入れが可能です。

利用までのながれ

車を停めたら坂道をのぼって
受付を済ませましょう


利用までのながれ
  1. 駐車場に車を停める
  2. 受付をする
  3. サイト近くまで車で乗りつけ
  4. 荷下ろし
  5. 車を駐車場にもどす

売店は「ない」

眺望の郷キャンプ場には、売店がありませんのでご注意を。

自販機もありません。


薪と炭だけ販売してます。

近くのコンビニ


グネグネ坂道を下りきってすぐのところにローソンがあります。

とはいえ、あのグネグネ道を何度も往復するのはしんどいので、行き道で必要なものは全部買ってきましょう。

シャワーも「ない」

売店に引き続き、シャワーもありません。

近くの温泉


近くに「サンテインおたり」という温泉施設はあります。これもグネグネ坂道を下りきってすぐ。

  • 日帰り入浴
大人 600円
小学生 300円
幼児 無料
営業時間 12:00~20:00
(最終受付19:30)
定休日 不定休
最新情報は公式HPをご覧ください

薪と炭は売ってます

最初はパンパンに入ってたよ
細いのから太いのまで


↑の赤い箱パンパンに薪が入ってました。かなりの量です。

薪は1,000円なんですが、炭はいくらだったか忘れちゃいましたああ。すみません(__)

直火は禁止


フリーサイト・ウッドデッキ共に直火は禁止です。

焚火台などを利用しましょう。

水場はこんな感じ


めちゃくちゃキレイっていう訳ではありません、ふつうです。

あとちょっと狭かったかな。

スポンジと洗剤は大量においてました。

トイレは2つ

これはふつうのトイレ
大便器と
小便器はひとつずつ
こっちは男女兼用の仮設トイレ


写真の通り、ふつうのトイレと仮設トイレがひとつずつあります。

どちらも汲みとり式でウォシュレットはもちろんないです。

もうちょっとトイレを増やしてほしいなと思いました!笑

ゴミは捨てて帰れます


ゴミは分別をすれば捨てて帰れます。

(分別方法は受付のときに説明があります)

レンタル用品は豊富

基本的なレンタル用品はひと通り揃ってます。

ただし、テントは無いようですのでご注意ください。

>> レンタル用品についてはこちら
(下の方にスクロールしてください)

ペグについて


ウッドデッキを利用した筆者は、受付の際に↑のアンカーペグを貸していただきました。

おそらく、ウッドデッキ利用客には全員に渡されるんだとおもいます。

チャリ猿

フリーサイトはどこも地面ふかふかやから、ふつうにペグ打てるで

その他

トランポリンがあったよ
ドッグランもあったよ
山の守り神もいたよ

まとめ


まとめると、最高のキャンプ場っていう話でした。(なんやそれ)

都会暮らしに疲れたならば、ぜひ行ってみて下さい。

心身ともに癒されること間違いなしですわよ、奥さん。