Warning: Use of undefined constant  true - assumed ' true' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/xs205169/charisaru.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 3687
自宅筋トレをほぼ毎日続けた筆者が、続けるコツを伝授します - チャリ猿ブログ

自宅筋トレをほぼ毎日続けた筆者が、続けるコツを伝授します

まいど!チャリ猿です。

「0,3%」

みなさんはこの数字がなにを意味するかご存じですか?


答えは、筋トレを1年間継続できる人の割合です。

つまり筋トレを継続するのはムチャクチャ難しいんです。はっきり言ってムリゲー。


ですが!!!!!

どうしようもない三日坊主ヤロウだった僕でも続けられたんです。みなさんなら余裕です。


↓自宅筋トレを1年間つづけた僕のボデーはこちら。

筋トレスタート時
1年後


筋トレはそもそも続かない


先ほども言いましたが、筋トレはそもそも続きません。続かなくて当たり前なんです。

続かない理由はたくさんあります。

理由①:時間がない

いちばんの理由はコレ。

現代人は忙しすぎます。とにかく時間がない。

仕事、家事、人付き合い、資格の勉強などなど、、、

「筋トレする時間なんかどこにあんねん」って感じですよね。

いや~、その気持ちめっちゃ分かります。

理由②:誘惑がおおすぎる

スマホとかNETFLIXとかゲームとか、、、

これらの「時間くい虫」とうまく付き合うのが、筋トレを続けるコツです。

ちなみにですが、ぼくはテレビをほとんど見ません。ゲームも全くやりません。

というより筋トレを始めてから、見ない・やらないようになりました。

理由③:しんどい

そもそも筋トレはしんどいです。めっちゃ疲れます。

「ただでさえ仕事で疲れてるのに筋トレとか無理」。

そう思ってた時期がぼくにもありました。

でも、その逆なんです。

仕事の疲れをジムで吹っ飛ばす。


これが正解です。

理由④:がんばる理由が特にない

筋トレをしなくてもべつに誰も困りません。

仕事をクビになる訳でもないし、貧乏になる訳でもない。

強いて言うなら、理想のボデーになれないってことくらい。

つまり、「がんばる理由が特にない」からモチベーションを保てないんです。


筋トレを続けるコツ


以上の続かない理由を踏まえて、ぼくなりに考えた「筋トレを続けるコツ」をみなさんに伝授します。

コツ①:目標をハッキリさせる

人間は、理由がないとがんばれない生き物です。

自分はなぜなぜムキムキになりたいのか?これをハッキリさせないと筋トレは続きません。

曖昧ではダメです。それだとモチベーションが上がりません。

ぼくが筋トレをがんばる理由はこんな感じです。

  1. モテたい
  2. お腹がでてるダサいサラリーマンになりたくない
  3. ブログのネタにしたい



バカバカしいですけど本気です。

こんなボデー↓になって女の子からキャーキャー言われているところを毎晩想像してました。というか今でもしてます。(ガチ)

顔がちがいすぎる



でも、キモい目標ですけど、そこまで明確な目標があったからこそ頑張ることができました。


目標を達成している未来を思い描いてワクワクする。

これが筋トレを続ける1番のコツだとおもいます。

コツ②:だれかに発信する

これもかなりデカいです。

僕はこのブログで「筋トレを1年間つづけまぁす!!」と宣言しました。

しかも、このブログはリアルの友達や会社の同僚、さらには上司にまで教えてます
なので、途中でやめると何を言われるかわかりません。

ぜったい影で「口だけヘボ野郎」とか言われます。それがこわくて続けるしかありませんでした。

まあブログで発信するのはちょっと特殊すぎるので、ツイッターとかインスタでいいと思います。

それも難しいなら友達や恋人に宣言しちゃいましょう。

とにかく、「だれかに見られている状況」をつくって自分を追い込むことが大事です。

コツ③:写真をとって変化をたのしむ

僕は毎月、おなじ角度から写真を撮ってブログにアップしてました。

写真だと、鏡では分からいような変化に気付けます。

「あれ?今月で意外とムキムキなってるやん」と、がんばった結果が目に見えるので楽しくなってくるんです。


逆に、がんばった結果が目に見えないとツライです。挫折しちゃいます。


なので、筋トレをはじめたら必ず写真を撮りましょう。

モチベーションがぐんぐん上がること間違いなしです

コツ④:筋トレの優先順位をあげる

みなさん、自分の1日のスケジュールを振り返ってみて、

なにも考えずにボーっとテレビやSNSを眺めてる時間がありませんか?ありますよね?

でも、ちょっと考えてみてください。


スマホをいじるのと、ムキムキになるの、どっちが大事ですか?

言うまでもありませんね。100%筋トレです。


ダラダラしてる時間なんてもったいないです。

筋トレしましょう。

コツ⑤:無理しない

「毎日腕立て50回して、腹筋なんか100回はやっちゃおっかな~」


筋トレを続けるぞ!と決意したときはモチベーションがとんでもなく高いので、こんなハチャメチャな目標を立ててしまいがち。


ですが、筋トレは継続が命なので続けられないような目標をたてるのはやめましょう。

自分のレベルに合っていないメニューを目標にすると、逆にやる気が削がれます。

腹筋10回でも腕立て10回でもとにかく続けることが大事。

内容よりも、重要なのは継続です。

続けてたら自然とメニューの質も上がってきます。


まずは自宅筋トレがおすすめ

いきなりジムに通って1年や2年続けられる人ってほとんどいないと思います。

ジムって行くまでが面倒だし、お金はかかるし、なによりすぐには結果が出ないので途中で挫折します。

「時間もお金もかけてんのに全然ムキムキなれへん」「思ってたんとちがう」と。


なので、まずは自宅で筋トレを続けて、筋トレが習慣化したらジムに通うのがベターです。

ジムに通うまでの流れ
  1. 自宅で筋トレをはじめる
  2. 身体に変化がでてくる
  3. 筋トレが楽しくなってくる
  4. 筋トレが習慣化する
  5. もっと本格的に筋トレがしたくなる
  6. ジムに通いはじめる


僕はこの流れでジムに通うようになって、今でも続けられてます。

逆に、2年前いきなりジムに通い始めたときは3か月でやめました。まったく変化を感じられなっかたので。



自宅筋トレは↓のマットとプッシュアップバーさえあれば、そこそこムキムキになれます。

ぼくも実際に使ってたんですが、安い割には頑丈でめっちゃおすすめ。




プロテインもあればなお良しです。このプロテインめっちゃ美味しいので超おすすめ。

筋トレが続く人はなんでもできる


本気でそう思ってます。


だって筋トレって誰からも強要されてないし、しなくても誰も困らないじゃいですか。

そんな筋トレを続けられる人って、たぶん何でも継続できます。


実際ぼくも1年間筋トレを続けてみて、


「大抵のことは継続できる」


と思えるようになりました。

筋トレは身体的にもメンタル的にもマジで自信が付きます。


みなさんも騙されたと思ってぜひ筋トレを続けてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です